ポーカーもそうですが、麻雀のプレーヤーも平常心を保つことが大切です。それはいかなる状況下においても言えることで、焦ってしまえば負けが近付きます。例えば親からリーチが入った場合、初心者は慌てるに違いありません。リーチは言わばテンパイ宣言であり、初心者は相手のアタリ牌切りを必要以上に警戒してしまいます。満貫、ハネマンもあり得ますから当然と言えば当然なのですが、あまり自分の財産のことを考えずに冷静に対応するようにしましょう。麻雀は勝負事ですから、財産が消える時は一気に消えます。次局の展望が見えなくなることすらあります。特に相手が親の場合は絶望的な状況も覚悟しなければなりません。覚悟さえ持てば、自然と冷静な対応方法が身に付いてきます。冷静な対応方法とは、「適切に恐れる」というものです。テンパイが無いのに無謀にも親のリーチに対抗するのは馬鹿げており、それを避けるための判断力は必要ですが、精神的に劣位に立つ必要は無いということです。万一親のリーチが入ったとしても、ポーカーフェイスで守備に徹すればよいのです。基準はそれほど難しいものではなく、速度が1以下の場合は親のリーチに反抗してはいけません。慣れてくれば巡目や高さも加味しながら自分の採るべき行動パターンを整理しましょう。実戦でこうした対応を冷静にこなせるようになれば、初心者から脱却しつつあると言えます。折角ですからもう一つだけ例を挙げておきましょう。相手が子の場合、リーチを掛けてきたらどう対応すればよいのでしょうか。親に比べればくみしやすいのは確かですが、それでも冷静に注意深く立ち回らなければなりません。気を抜いたら失点してしまいますから、筆者がお勧めするのはやはり下りることです。どうしても下りたくなければ、速度を確認してください。1以上でなければ無謀だと判断しましょう。速度以外にも、テンパイの有無、イーシャンテンの形も判断材料になります。繰り返しになりますが、これらに加えて巡目や高さを考慮に入れることもあります。

火の手

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です