プレーヤーの中には何の躊躇いもなく攻撃を続ける人もいますが、言うまでもなく、戦略の無い攻撃は大きなリスクを伴います。麻雀の世界ではそれを放銃と呼んでいます。放銃とは、簡単に言えば、大して強い手ではないのに安易に攻撃を選択してしまう意です。大事なのは自分の手が上がりに適しているかどうかの判断です。この判断は非常に頭を使う作業であり、多くのプレーヤーを苦しめます。もちろん「苦しめる」と言っても、麻雀を心から愛しているプレーヤーにとっては快感に転化するものですが、まだ麻雀に慣れていない人たちは、この作業で麻雀を嫌いになることもあります。それもそのはずで、プロでさえ適切な攻撃タイミングを計るのは至難の業なのです。最初から完璧にこなせることなどないと割り切ってからゲームに参加すると良いでしょう。では初心者が上がりのタイミングを計るに当たり、心得ておくべきことは何でしょうか。私が一番強調しておきたいのは、強い手だと思ったら攻撃するという鉄則です。初心者であればまずこの鉄則を守るようにして下さい。但し、「強い攻撃」の意味をより正確に学んでおくことが前提となります。強い攻撃とは、一言で言えば、速い、高いのいずれかを確信する手が出来上がった時の攻撃を指します。時には両者が揃った状態の手もあるでしょう。そういう手は攻撃に最適な条件だと言えます。裏を返せば、速いとも高いとも感じない手については、攻撃に回してはならないということです。この鉄則は簡単なようですが、麻雀を繰り返すうちに案外難しいのだと気付くはずです。上達するまでは気が大きくなりがちで、ついつい要らぬところで攻撃を仕掛けてしまうからです。

攻撃のリスクとは

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です