麻雀はメンタルを強くするなどとも言われています。不条理なことに耐えながら、己に勝つなどと言う人々もいるようです。また、麻雀は「実力7割運3割」などともよく言われますが、実際に、ツイていない時には、負け続けることもあるでしょう。そんな時にキレてしまわないこと、必要以上に熱くならないことなどが必要であるとも言われます。常に冷静さを保ち平常心でいることなどが、麻雀には大変重要であるようです。どんなときも、平常心を保っていられるということは、麻雀以外においても、なかなか難しいことでもあります。ちょっとしたことでクヨクヨしてしまったり、突然の出来事に驚いてしまったり、人々はそのたびに冷静さを失い、感情的になってしまったりもするものです。麻雀は、人を強くするなどとも言いますが、何よりも、辛い状況でも、ゲームを楽しむというような気持ちが、大切なのではないでしょうか。どうしても、勝負事に関しては、勝つことばかりに気が集中してしまいがちですが、負けることに対して、強くなることも、人として大変重要な事柄の一つでもあるような気がしています。プロの麻雀士が語る言葉の中で、「運は平等である」などといったような格言があるようです。麻雀をプレーしていて、「運がない」「ツキがない」ので負けてしまったなと考えてしまうような時は、「運」は、それぞれ人々に平等にあるもので、勝負事の中では勝つこともあれば負けることもあるのだと言った自分自身を受け入れることが何よりも大切なことでしょう。

「自分」に勝つ麻雀

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です