賭博は一部の国で法的に禁じられており、日本でも賭博に参加したり、賭博場を経営したりすると罪に問われます。一部と申し上げたのは、賭博自体は認められている国もあるからです。いずれにしても賭博場の存在は世界的に許されていませんから、日本でも厳しく取り締まる必要があります。ただ現実には雀荘は公然と街中に存在しており、法的に問題ないのか気になるところです。実は判例を参照すると、雀荘を利用して金銭を賭けた場合、明確な違法行為であることが分かります。もちろん金額の多寡にかかわらず、罪に問われるのです。(但し、麻雀大会等はスポンサーが出資していますから、賭博には当たりません)。  では日本における雀荘とは一体何なのでしょうか。本当に客は賭博に興じていないのでしょうか。彼らは賭け事を楽しんでいるようですが、警察の捜査が及んでいないのが実情であり、簡単に言えば「見つかっていないだけ」なのです。もちろん警察の怠慢と言ってしまえばその通りなのですが、捜査は他の犯罪に対する取り締まりとのバランスを考慮した上で行われるため、全ての雀荘を調べる程の余力が無いのです。もちろんあまりにも高額の賭博が行われていると思われるお店については、警察も放置せずに踏み込んでいます。  

雀荘と賭博

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です