麻雀が流行する一方で、麻雀に対してネガティブであったり、不健康なイメージを抱いているという人は案外多く、このようなイメージをなるべく変えたいという風に考えている人は、少なからず多いかもしれません。

タバコの煙がもくもくと待っている雀荘で夜通し麻雀をするということはどう考えてもポジティブなイメージには繋がりないということは分かるかもしれません。

そのようなネガティブイメージを脱却するために、健康的な麻雀という健康マージャンという言葉が生まれ、きちんと決められた時間を、休憩を取りながら適度に楽しむというようなスタイルも生まれているようです。

麻雀といえば、あまり積極的にやりたがらない人も多い中で、このような健康麻雀を打ち出すことでプレイヤーを増やすこともできるかもしれません。

また、あまり知らない人も多いかもしれませんが、日本語の中には麻雀を言葉の主とする言葉などもあり、例えば連荘などという言葉は運の良い事が立て続けに起こるという意味を表しているようですが、これも、麻雀から生まれた言葉であるという風に言われているようです。

麻雀は、非常に頭脳的なスポーツでありスポーツ異常に体力を使うなどというのに言う人も多いようですが、確かに、その通りであるという一面も持ち合わせていることは覚えておいていいかもしれません。

取り分け、麻雀などの場合には自分自身の事を考えるだけでなく相手が何を考えているのかということも予測しなければならないため、非常に戦略的なスカイゲームであるように見えるんではないか、と考えられるわけです。

とりわけは麻雀などの場合には、相手と視線が合ったりすることもあるため相手が何を考えているのかということを先読みして様々な選択肢を準備しておかなければならないという点はスポーツと同じ点があるという風に言ってしまっていいのではないか、と考えられなくもありません。

ネガティブイメージについて

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です