麻雀をしていない人にとっては、縁がない情報のように思えるかもしれませんが、風営法の規定によって本来ならば午前0時から午前6時までは一切の経営が禁止されているという風にされているわけです。

麻雀を実際に顔を合わせて打つためには4人以上必要ということもあって、リアルに麻雀をプレイしたい人が集まるための場所である雀荘は、麻雀漬けがひっきりなしに訪れる場所にもなっているということは間違いなく言えるかもしれません。

麻雀というのとあまりクリーンなイメージを持っていない人も多いという風にも言われていますし、インターネットなどの評判を見ても麻雀と聞くとやや恐ろしいイメージを持っている人がいるということは間違いない、という風に言えそうです。

ですがそのような意味では、麻雀というものが というような考え方をしてしまっている場合も多いという風に言われていることを覚えておかなければならないという風に言えそうです。

このような場合には、とにかくイメージアップに貢献する必要が出てくるため最近ではなるべく麻雀に若い人を呼び込むという風に考えて宣伝などを売っている場合もあるというふうに聞いたことがあるような気がします。

料金なども比較的安く、誰でも参加しやすい麻雀はこれからも発展が期待できるでしょう。

ネットから麻雀に入って興味を持ち雀荘を訪れるようになったという知り合いや、美人雀士きっかけで興味を持ったという知り合いもちらほらいます。

また高齢者の一部には「健康マージャン」なるものが流行っています。麻雀は頭を使うため、ぼけ防止に効果が期待できるほか、他の人と楽しく過ごすのにうってつけなんだとか。こういった健康マージャンの集まりは、ある意味では「いまどきの雀荘」のひとつの形かもしれませんね。