麻雀には、プロ雀士と呼ばれるプロフェッショナルの人々がいるというふうに聞いたことがある人が多いかもしれませんが、将棋や囲碁の棋士とは異なり、国家的な資格は法律的には必要ないという風にも言われていますが、プロフェッショナルになるためには、ある団体が認定している資格を取り、きちんと認定を受けなければ大きな大会などに参加することはできないという場合が多い、という風に言われているようです。

とりわけ麻雀の場合にはアマチュアとプロフェッショナルをはっきりと分けて競技用の麻雀と趣味としてある麻雀をはっきりと分けているような傾向が見られるため、これを好ましく思わない人も多いのかもしれませんが、プロがいてこそ競技が発展するという風な考え方を持っている人にとってみればとにかく重要なものであるという風に言ってしまっていいかもしれません。

また麻雀は一般愛好家が多く、裾野が広い競技であるため、プロフェッショナルに対しても注目が集まりやすいという点も挙げられるかもしれません。

最近では、麻雀の専門雑誌などが新たに発行されることはほとんどなくなってきたという風に言われていますが、昭和の初期頃は非常に多くの雑誌が発行されていたため、これで勉強するような形で今の団塊の世代の方々が麻雀を学んでいったという風に言われることが多いようです。