ストレートネックを考えよう

ストレーネックと呼ばれる首の骨格の異常は「自律神経」の働きと深く結びついていると考えられているようです。ストレートネックは、首の骨の基本的な構造の乱れを表しているようですが、現代人の多くがその症状を抱え、ストレートネックからくる肩や首のコリ、眼精疲労などに悩みをもっているなどと言われています。

ストレートネックを安易に捉えその症状を放置したままにしておくことは、全身の体調不良にもつながるとされ、ストレートネックに関する関心度が高まってもいるようです。自律神経の乱れからくる「自律神経失調症」なども、ストレートネックとの深い関連性が専門家たちなどによって述べられております。

首周辺には、脳に血液を贈る大切な血管がることから、首周辺の血流が滞ってしまうと脳の働きにも影響すると考えられております。ストレートネックなどの首の骨格異常は、身体の動きを司る脳の働きを鈍らせてしまうことによって全身の不調を生み出しているとも言えそうです。

【肩こりの指南書】~肩こり・首の緊張を感じたら~のトップへ