全自動麻雀卓

インターネットの発達によって、雀荘などに行かなくしてもかんたんにネット対戦などもすることができるようになっていることは、まちがいないといえます。

最近では某有名MMORPGにも麻雀が実装され、大きな話題になりましたね。

とりわけ、最近ではインターネットなどに加えてスマートフォンなどを一人一台持つ時代になってきており、電車や暇な時期や時間などにスマートフォンを用いて積極的に麻雀などがすることにできるようになったということは素晴らしいことであるという風に言えそうです。

さらに、それを後押ししているのが高機能のアプリケーションが開発できることになったためにいわゆるコンピューター同士の対戦などであってもかなり高レベルな戦略が広がっているケースもあるというふうに色んなところで耳にします。

なお、中国と日本ではややルールが異なっているということはあまり知られていないかもしれません。

基本的には、中国の麻雀の方がややギャンブル性が高く、積もることを目的としてどんどんと稗を打っていくということが一般的にやられているようです。

その一方でアメリカの影響を受けた日本の麻雀の場合にはとにかく相手のことを読み取って先手先手を打っていくというような戦略性が非常に高く、ゲーム性が高いルールを採用しているため頭を使って考えながら打っていくというような形式がスタンダードとなっていることは間違いなく言えるかもしれません。

本家と言われる中国の麻雀よりも日本で行われている麻雀の方が初心者も参加しやすいという点も人数の多さを支えているものであるという風に言えるかもしれないのではないでしょうか。

また、全自動麻雀卓の発展も麻雀の普及に一役かっています。

この発展により、麻雀がさらに簡単になったためより身近なものへと変化していきました。